ラグビーワールドカップ2019™ファンゾーンin東京(調布)にTOKYO2020ブースが出展

オリンピック・パラリンピック

概要

【期間】2019年11月1日~2日
【会場】調布駅前広場

約1か月半にわたって開催されたラグビーワールドカップのイベントのラスト2日間、翌年に控えた(予定であった)TOKYO2020オリンピック・パラリンピックをPRするブースが出展。
それに併せてミライトワ&ソメイティのマスコットグリーティング(写真撮影)が繰り広げられた。

東京都は、9月20日(金曜日)から11月2日(土曜日)までの大会期間中、海外・都外からの多くの観戦客が大会の興奮と感動を共有できる交流の場を目的として、大会公式イベントスペースである「ファンゾーン」を、東京スポーツスクエア(有楽町)と調布駅前広場の2会場にて下記の通り開催いたします。

引用元:ラグビーワールドカップファンゾーンin東京 詳細を決定|東京都

TOKYO2020PRブース



テントのの中にフォトスポットを用意。
写真には写っていないが、同じテント内にはオリンピックフラッグ・パラリンピックフラッグ・映像モニターが設置された。


向かいにあるもうひとつのテントにもミライトワ&ソメイティのパネルとぬいぐるみが設置。


メダルに関する解説ボード。

マスコットグリーティング


ミライトワ&ソメイティが登場すると、写真撮影を求めて行列ができた。
写真奥にはラグビーワールドカップのパブリックビューイング(中継試合映像上映)会場が見える。


いろんな仕草をして常に動き続けるミライトワ&ソメイティ。



1人1人に握手やハイタッチ、ハグをするなどサービス精神旺盛なミライトワ&ソメイティであった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました