2020オリンピックカウントダウンイベント~みんなのTokyo 2020 2 Years to Go!~

オリンピック・パラリンピック

概要

2020オリンピックカウントダウンイベント~みんなのTokyo 2020 2 Years to Go!~
日にち 2018年7月24日
場所

東京スカイツリータウン®

カウントダウンセレモニーでは、池江璃花子選手(水泳/リオデジャネイロ2016大会)、加藤凌平選手(体操/リオデジャネイロ2016大会)、藤光謙司選手(陸上競技/リオデジャネイロ2016大会)、野中生萌選手(スポーツクライミング)ら現役アスリートと、3大会連続金メダリスト野村忠宏さん(柔道/アトランタ1996大会・シドニー2000大会・アテネ2004大会)が参加し、東京2020マスコット「ミライトワ」と「ソメイティ」や地元小学生らとともに、開催まで2年の節目を祝いました。

引用元:東京2020マスコット「ミライトワ」と「ソメイティ」も登場!東京2020オリンピックカウントダウンイベント~みんなのTokyo 2020 2 Years to Go!~を開催!|東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会

 

ソラマチ入り口付近


スカイツリーをバックにフォトスポットが登場!


そのすぐ隣ではトークショーが開催中だった。

パートナー企業ブース


各企業のブースではフォトスポットが設置されているケースが多かった。

 


富士通・味の素・三菱電機のブースでは東京2020のロゴが入ったオリジナルのクリアファイルを配布。


クリアファイル̟に加えてJXTGエネルギーでは折り紙等、近畿日本ツーリストではサンバイザーを配布。


久光製薬では缶バッジ&うちわを配布。

会場関連自治体ブース


東京以外の開催予定都市のブースが並ぶ。


各々の都市のリーフレットが配布されていた。


特に面白かったのが埼玉県。複数ある競技会場所在都市のステッカーを正しくカードに貼ると、アンザバダー認定カードがもらえた。

 


ボランティア募集ブースの周囲では募集チラシが沢山配られていた。


東京2020組織員会ブースでは「みんなのメダルプロジェクト」の展示が。

スタンプラリー


スタンプラリーカード。
スタンプを集めるために競技体験を行ったりもしたが人気だったため、先着でもらえる大会マスコットグッズをもらうことはできなかった。


オリジナルのフラッグが目立つスタンプ台。

競技体験ブース


スタンプラリー効果か、凄い行列だった。
卓球はスタッフの方とラリー、ボクシングは一人でサンドバック打ちを行った。
その他にバスケットボール等があった。


猛暑の下で行列に並ぶだけで、たちまち汗だくに。
ミストによる冷却がありがたい。

ステージイベント


東京2020マスコット「ミライトワ」と「ソメイティ」が登場し、打ち水を行った。

コメント

タイトルとURLをコピーしました